ナバカリブログⅡ

ブログとは名ばかり。コメント不可で自分の好きなコトモノについて高慢チキチキバンバンに吠えてます。今は俄然長谷部誠♪超ニワカですが代表だけでなくブンデスも話題にしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CL決勝と第34節フランクフルト戦

CL決勝、良い試合でした。バイエルン応援するつもりで観てたけど、観るにつれてドルトムントが何だか可愛く思えて結局はドルトムント応援してました。最後に入れられちゃって負けちゃったけど、惜しかったなぁー。やっぱ両チームとも守備が素晴らしくって、攻撃に入ると早くって。今のサッカーってこうじゃなきゃいかんのかもね。ドルトムントの良い時間もたくさんあったけど、スカパーの解説だったゴン中山氏の言う通り、最後はバイエルンの持つポテンシャルで差が出たというか。だからこそそこまで頑張ってたドルトムントが愛おしかったんだけど。終了後に泣いてるマルコロイスやレバンドフスキが可愛かったね。その中で泣いてないフンメルスがやっぱカッコ良かったけど♪
でもバイエルンも去年といい、悔しい思いを何度もして今回やっと優勝なんだから。ドルトムントも又次にかければいいさ。なんせ若いチームなんだから可能性は高いし。と言って、今いる選手が来シーズンどれだけ残るのかは謎だけど(苦笑)。

長谷部さんもブログで少し語ってましたね、「サッカーの質、雰囲気、レフリング、全てにおいて素晴らしい試合」って。そうなんですよ、レフリングも素晴らしかった。コケたら笛吹くってなかったもの。コケたからって簡単には吹かない、でもここぞの時はちゃんと吹く・・・・そう、ここで話をブンデスリーガ最終節の長谷部さんレッド1発退場に繋げようとしてるのだ(笑)。

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。