ナバカリブログⅡ

ブログとは名ばかり。コメント不可で自分の好きなコトモノについて高慢チキチキバンバンに吠えてます。今は俄然長谷部誠♪超ニワカですが代表だけでなくブンデスも話題にしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールナイトニッポン10.10.09-23

オールナイトいっぱい感想があったんだけど、細かい事は忘れてしまったのでまとめて。

今週の春日の妹さんのお話は面白かった・・・面白いっていうか、〝ふつー〟に聞けた。浜あゆコンの話やその前の合コンの話とかじれったくって途中で寝てしまったもんで(苦笑)。でも、この二週の春日トークはワザとな気もするんだ。春日が話してる途中の、若林のちゃちゃの入れ方とかもグルでワザとな感じ。オールナイトの春日トークコーナーとして意図的というか・・・。合コントークの時は飽きてる体で若林がちゃちゃ入れてたけど、その〝ちゃちゃ〟がなかったらあっという間に何もなく終わっちゃうトークじゃん?(→コラ)だからこそ、このちゃちゃも含めてひとつのトークな気がするのよ。そして浜あゆコンはトークに乗った〝ちゃちゃ〟・・・いや、乗ってるからちゃちゃじゃない。「で、結局どーなったんだよ!」「気になるんだよ!!」って繰り返す事によって、ひっぱるトークを手伝ってる感じ、その点でグルな感じがすんだよなー。ま、俺はそうやってひっぱった部分だけ聞いて睡魔に負けて寝てしまった訳だけどさ(爆)。あとでネットで音源聞いたら俺が寝てからさらにひっぱってたのに驚いたわい。
にしてもさー、やっぱ浜あゆの趣味は一貫してるって事なの?(笑)ツイッターで「髪降ろした春日さんはほんっとカッコいい。あと100回言いたい。」ってつぶやいたって本当なのか?まぁ思えば、浜あゆの趣味は決して悪くなかったのだ、○瀬の趣味が俺と合わないだけで(笑)。浜あゆイケるんじゃねーの?って話題の後の春日さんの「バカ」って言い方が素っぽくって可愛い



で、遠回りしたけど、春日さんの妹さんのお話。妹のダンナと最初どう距離を取っていいか分からないのはよく分かるけど(異性のきょうだいに嫉妬する気持ちは若林と同じで皆目分からん)、子ども生まれたら何て事はないと思うな。甥も姪も構えてなくても出来るとびっくりする程可愛いからさ♪その子を通して距離は縮まるって。春日さん、絶対子ども好きそうだしね。
違う違う、俺が語りたかったのはそんなんじゃなくって。春日の戸惑いにアドバイスする若林の事。話を聞いた若林がちゃんと「飯に連れてってあげれば?」なんて提案するのが何とも良いじゃな~い♪若林の戸惑いに春日が助言ってパターンはしょっちゅうあるけど、こんな風な逆もある。そこにまだまだほんとに友達同士っていうオードリーの仲が見える気がするんだよねぇ~。
そして更に繋がるんだけど、先週の若林の高校時代の親友が口聞いてくれない話。春日さんが本当に心配してる感じで、それが又良いんだなー!春日さんは相方に興味ないってスタンスのはずだけど、こんな時はいつも心配してるし、その心配っぷりが〝ラジオのフリートークネタのひとつ〟みたいなテキトーな感じじゃないのよね。ちゃんと本気が見える気がするし、加えてさっきの若林と同じで助言もするし。具体的に何か言ってるあげてるのが良い!黙って聞いてあげるだけ、じゃない所が毎度すげー良いって思うのさ。嫁にしてくれ!って俺が思うのは春日さんのこんな部分。プラス、どんな水でも気持ちよく泳いでしまう頼もしさ、だねっ。

そして、そのトークで語られてた若林さんの衣装の話。前に俺は「思春期を男子校で過ごした若林さん、女子的なモノ、コト、コウイを否定する硬派な世界の中で、その中心人物だった若林さんは未だにそこを引きずってるんじゃ?」と書いたんだけど、あながち違ってねーんじゃ?!と我ながら思ってしまいました。たかだかあれっぽっちの衣装を<オシャレすぎて真っ向否定>なんだもん。最近の32歳なんてほんっとオシャレで若いよ。っつーか、若いって形容が不釣合いな程に若くてふつうにオシャレ。オードリーふたりで「やっぱ時代かな?」なんて言ってたけど、そりゃ同世代に失礼だって、と言いたい。衣装もそうだけど、「大衆に転んだ」って若林さんのお友達の感覚も全く同じ感じがするのよね。大体、あの時代の海砂利水魚はそこまでアナーキーじゃないと思うしさ。こだわり方が奇妙というか、こだわるコトにこだわってる気がするというか・・・・。

いや、別に若林さんの周りを否定する気は一切ないんだけど。若林さん独自のこだわりがあったからこそお笑い芸人としてオードリーが今こうやって存在してるワケだし。それに何といっても「春日の小部屋」での若林のツッコミのクオリティーときたら・・・!!「○○けれども」が瞬時に出てくるんだもん、すげーよー♪聞いてて気持ち良い完璧さ。そりゃあのツッコミ、それ以前の春日のボケだって若林が考え出したんだから、完璧であって当然なんだけど。心地よい面白さで延々聞いてたかった、そして当人が漫才やりたくなると言ってた様に漫才見たくなったなーー。ま、とりあえずこのコーナーのレギュラー化は間違いなさそうだね。「皆さん、13番目の干支、春日ですよ」を聞いた時に「何の後?」っていう反応がやっぱ常人と違う若林の才能だと思う。そして言ったのが「亥の後すみません。」だもん。これはちょっと思いつかない。そうだよね、若林のツッコミっていつも全て〝春日否定〟じゃなくって、こんなのも織り交ぜてくる。そこが良いんだもんねー。

まとめてさらっと語るつもりが長くなってしまった。
今日のいいともの春日さん。髪を切った春日さんを見ると毎度「散髪」っていう昭和の死語を思い出す(苦笑)。カット、髪切った、美容室行った、でなく「散髪」が一番しっくり来るヘアースタイルなのだ♪

テーマ:オードリー - ジャンル:お笑い

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。