ナバカリブログⅡ

ブログとは名ばかり。コメント不可で自分の好きなコトモノについて高慢チキチキバンバンに吠えてます。今は俄然長谷部誠♪超ニワカですが代表だけでなくブンデスも話題にしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オードリー春日のカスカスTV おまけに若林vol.3 その②

続いて「若林エピソード」笑いましたねー!いや、ほんとに笑う。若林さんの嬉しそうなはしゃぎっぷりが見てて楽しい。春日の「そんなに腹黒キャラほしいもんかね。」っていう当たり前のツッコミが可笑しくってしょうがない。なんて言うんだろ、面白さを語るのって難しいって思い知らされるんだけど、若林の進行ってやっぱり爽快なんだよね、なんつーか、心地良い。「モザイク、いってみよ。」とか「初陣です、殿!」なんて一言一言がしっくり気持ちいい笑いなんだな♪
始終目をきらきらさせて表情豊かな若林さん、こーゆー時の表情はほんと光一さんに似てるよね(笑)。



くじらとジョーとのハンバーグエピソード。オールナイトで聞いた時は、若林も色々悔しい思いして来たんだな、それでも今でも親友ってのが良いな、とか俺なりにも思ってたんだけど、なるほど、くじらとジョーにはそんな根深い意図はなくって若林のいつもの〝気にしすぎ〟だったんだ訳ね。確かに優しいお坊ちゃんなくじらが親友の売れない芸人を追い詰める様な事言ったりやったりするとは思えない。特典映像にあった「お笑いに熱い若林エピソード」もファンなら若林らしいって感じる部分。実はすっごく熱くって正義感が強い、なのに気にし過ぎでひねくれ者で、だから面倒な若林さん。「慰め方も熱くてカッコいい」「だから離れられないんだろうね」と言うくじらからお坊ちゃんで良い人光線出まくってますな(→でも、俺、実はあんま好きじゃないのよね/爆)。そんなこんなでくじらとジョーとでたっぷりと悪林エピソードをやった後に若林、「ここまでがエピソードトークです。これを俺は春日とやりたいんです。」って・・・・なんだ、くじらとジョーはただのあて馬だったのか(笑)。

くじらとジョーが<若林被害者の会>を結成してるだの色々聞いた春日、「そんな目に俺はあってないんだもの。」みたいな事言うけど、そーれーは違うだろ!!!そりゃ、コンビとして活動が活発なこの数年はないにしても、それ以前は鬼のようにあるハズじゃんっ。高校時代に前の席で髪の毛切られてるでしょ?!皆勤賞目前に校門でタックル受けたりしてたでしょ?!貴方にはくじらとジョーでは追いつけない程、若林にはイジられ、キレられ、もてあそばれて来たはずなんだよっっ。・・・・でも、春日さんはイチイチ覚えてないんだろーなー(笑)。思い出すのがキャンナイやってた頃のハライチの岩井達の菅派の話。菅さん(春日)の水に何かを混ぜてイタズラしたり、たかったりして遊ぶ菅派メンバー。「つまり岩井達にイジられてるんだろ?」と言う若林さんに「菅派に入る?」と春日が尋ねる。「いや、俺はそれ、中学からやって来てるから」って若林が返したと記憶してるんだよね。つまりは春日を最初にイジって遊んだのは俺が誰よりも先だと若林は言いたかったと思うんだ。学生時代、春日をイジって楽しいと思ったからこそコンビ組んだのに繋がったんだしね。若林からすれば何を今更、って事なんだろうよ。話ずれてますけど、つまり、そんな風に若林は散々春日に対して悪林っぷりを発揮して来たと思うんだな。それを春日さんは覚えてないだけなのよ。
でも、このレッスンのおかげで春日さんもたまに若林エピソードトークをするようになってるよね、一応。クイックジャパンでの発言「他の芸人さん見てて若林君のイジり方がやっと分かって来た」「苦手だけど、とりあえず若林君に関してはボールを投げてみようと思う、ここらへんかな、って」・・・・これは相当な進歩だと思うぞ。ま、いいともなんかではまだまだ全然発揮されてないですけど(笑)。でもねぇ、やっぱり冒頭に書いた様に若林が引っ張った方が心地良い笑いになるって思うんだけどね(爆)。

長くなってるたあと1点だけ。若林の「お前は俺の運のなさを愛してない。」「お前のケチな部分を、俺は愛してます。」・・・なるほど。若林さんは俺からすると不思議なほど春日のケチっぷりを嫌がってないよね。普通、身近にいる人がケチだと腹立ったりするもんだと思うけど。若林さんは面白がったり、時には関心してるよーにさえ見受けられる。でもね、若林さん、春日さんが若林さんの運のなさを愛してないってのは大きな間違いよ。春日さんの愛ってそんなポイントではないんです(笑)。もっと広いのよ、若林君の存在全てを懐に入れてくれてるでしょ??? ついでに俺も入れてほしいくらいよ。
にしても、若林がよく持ち出す〝愛〟問題。漫才への愛、俺への愛。ナイナイ矢部の名言を思い出す『ツッコミはボケを愛さなあかん』・・・・きっと、ツッコミのボケへの愛は細かいんだな、だからこそ突っ込めるんだね。

しかし改めて若林の伝授するトークのコツ。‘気持ちを込めて’‘状況をきちんと描写’これって基本だよなー。春日さん、出来る範囲で学んでね♪

テーマ:オードリー - ジャンル:お笑い

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。