ナバカリブログⅡ

ブログとは名ばかり。コメント不可で自分の好きなコトモノについて高慢チキチキバンバンに吠えてます。今は俄然長谷部誠♪超ニワカですが代表だけでなくブンデスも話題にしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長谷部ブログ~休日について報告します2011.11.29

ミスチルライブのDVDを繰り返し見て客席のファンの表情に注目するという長谷部さん。確かに客席のファンって良い表情するよね、それはミスチルだけじゃなくってどんな形態のライブでもそうだと思う。ロックのライヴでもアイドルのコンサートでも芝居の舞台でも芸人のライブでも。同じ空気を共有する幸せ感に溢れてるからね。そしてそれはサッカーの観客だって同じだと思う。ミスチルのライブに行って数万人を魅了するパワーに驚いたとか前にも言ってたけど、そりゃサッカーだってそうでしょ!と言いたい。君も数万人を魅了するプレイした事あるはず!!こっちから見りゃミスチルだってヴォルフスブルクだって浦和レッズだって日本代表だって同じように凄まじいパワーを持ってる。ま、試合内容によっちゃいつでも良い表情してるって訳にはいかないけど(爆)。時には憮然としてしまうけどさ(苦笑)。
しかし「もっと客席の表情を写して~、と思ってしまう」ってのはびっくり。ふつーはやっぱりミスチルファンならミスチル見たいと思うじゃん?例え同性でも当人が見たいのが当たり前の感覚だって思うんだが。俺も客席のファンが楽しそうにしてる顔は見てて良いなって思うけど、それでもやっぱりプレイしてる長谷部が見たい、春日が見たい、じゅんのが見たい。それが普通じゃんね?うーん、やっぱりこの方は本当に達観してるというか、まだ27歳なのにこの感覚はスゴいなと。大したもんだよなぁー。


しかし「ブンデス101回目試合は101回目のプロポーズにあやかって勝つぞ」のどこがジョークなの?「僕の中では最高級のジョーク」と説明されても意味がよく分からない。でも、説明されて笑えて来るのは間違いない。どこがジョークじゃ!!と笑ってしまう。ってかジョークって言葉が既に死語っぽいんですけど?通勤途中に歩きながら携帯見て声に出して笑ってしまったよ。この人やっぱり天然だよね。ちょっとズレた部分がたまに妙に可笑しい(苦笑)。4日の特番「僕が世界で戦える理由」のCM見ると「俺の中で面白いのでも良い?」とか言ってるシーンがある。想像するに岡崎から面白い言えって強要されてるんじゃないか?と。絶対つまらない的外れなこと言うんだろうな、期待しよ(笑)。


そして髪は少し長めが良いと俺はがあれほど力説してる中で又切ったのね・・・・。2万円かけて美容室行って数ミリ切ったのね・・・・。そりゃ前節の試合見ても切った事実に気づかなかったけどさー(苦笑)。でも短すぎるんだって、バランス取れてないんだって!老けるんだってっ!!若々しさ消えるんだって!!!あのトンチンカン美容師も「長谷部さん切るトコないですよ。また2ヶ月後に来て下さい。」くらい気の利いた事言って欲しい。

でもって次節のマインツ戦はCSでオンエアないですね?期待してたニコ生もないと来た、がっくり。ネットやらsopで探してみるけどぉー。お目にかかれないならこれ程ツラい事はない。順位すぐ下のチームと対戦だからめちゃ重要なんだけどなー。

このブログってカウンターも行ってないし、誰が読んでるのか皆目見当付かないんだけど。もし万が一長谷部ファンが読んでいたら、長谷部ファンだけど試合はもっぱら代表戦ばっかりでブンデスはチェックしてないという人が万が一いたら。ぜひブンデスを見て欲しいのです。毎週毎週繰り返される所属チームの試合がどんなに大切か、見ると分かるっす。長谷部さんの日常のお仕事、これを見守るのは一喜一憂してしまうけど見守りがいがあるというか。サッカーの面白さもわかるし。ほんと見て欲しいし、何より見ないと勿体無い。スカパー!は色々と面倒だし、何だかなーと思う部分もほんと多いけど今はアンテナ代金も取り付け工事費も全部無料だから相当お得(⇒俺は5000円払ったんだぞ)。それでも有料のスカパー!は無理な方、sopやネット中継を探すのは大変ならニコ生はどうでしょう?今節はないけどニコニコ動画の生放送で数日遅れでやってます。リンク貼っておきます。ニコ動は登録も簡単でPCさえありゃ問題なし。ちゃんと実況もつくし、試合に集中したいならコメントを表示を消せばいい。ニコ動の方には代表の動画の楽しいのも多いし、ほんとオススメです。
ぜひブンデスでの試合を見て! そして糞弱くって目が離せないヴォルフスブルクを一緒に応援しようではありませんか!

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。