ナバカリブログⅡ

ブログとは名ばかり。コメント不可で自分の好きなコトモノについて高慢チキチキバンバンに吠えてます。今は俄然長谷部誠♪超ニワカですが代表だけでなくブンデスも話題にしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9節デュッセルドルフ戦その3

出来すぎの結果にもう胸いっぱい(→死語)になってしまって週末は腑抜けのよーになっておりました。なんか、もう、俺なんかが語れねーなとか思っちゃって(苦笑)。
結局、その俺なんかがやっとこさ書き始めたんですが、書けば書くほど自分が言いたいことから離れてる気がしてならないっす。もう月曜の夜なのにまだ腑抜けてる模様。

某巨大掲示板のいくつかのスレが土曜以降の週末凄まじい勢いで回ってたんだけど、あの巨大掲示板なのに驚くほど誹謗中傷が皆無。見事に「良かった良かった」「すげー!」ってカキコばっかり。皆喜んで、皆祝福して、皆「さすが長谷部!」とうなってる。読んでて嬉しいコメントが1000も2000も3000も続くんだから週末ずっと読んでました。俺はカキコはしてない(ってかプロバイダの関係で出来ない)けど、ご機嫌に読みながらに「クソミソ言ってた奴はどこに消えたんでしょ」と思ったのも事実(笑)。同じ事を感じたのか「皆、そんなに長谷部のこと気になってたのか」というカキコを発見。そのレスに「誠実な奴が不遇な目にあってるのはハタから見てても辛いし、嫌なもんだ」的なコメントが・・・・・なんだかすごく納得しちまった。そうなんだよね、誠実な人が不遇な目に合うの世の中って間違ってるって思う、これってまともな反応というか、まともな感覚っていうか、これがまともな世の中っつーか。逆に言えば、不遇な目(って言い方もイヤだけどさ)に合いながらもきっちり準備してた、整えてた、長谷部さんがやっぱり、やっぱり、スゴイんだけど。そこに尽きるんだけど。

試合前に何度も繰り返して語ってたけど、ここぞの時に力と結果を出すのはすごーーく大変で。俺は伏線はるよーに繰り返し書いてたけど、結局長谷部さんは力と結果をきちんと、きちんと、出したんだからさー。これって簡単に出来ないっす。ってか、ふつー出来ない。信じてたけど、それを目の当たりにして、驚いたっつーか。とにかく胸いっぱいになった(→死語)。で、腑抜けちゃったんですけど。

うーん、ここまで結構時間をかけて書いたけど。やっぱり俺の言いたいこととは離れた気がする(苦笑)。
もうやたら時間がかかってるのでゲーム内容について書き散らかしてた分も。


前半はさすがに連携が今ひとつかなぁ、右のファグネルと長谷部さんもイマイチだけど左のシェーファーとオリッチもイマイチ、っつーかファグネル自身がイマイチに思えるなぁ、でも長谷部さんはちょいパスミスあるけど良い感じじゃん、と思ってましたが後半は素晴らしかった。連携も出てきて、ファグネルがイマイチと感じてしまったのはやっぱ連携のせいでここが上手くいくと問題ナッシング♪
そして前半終わりに見せていた長谷部さんのクロスは惚れ惚れするよーなもんでした。なんつーか、惚れ惚れする弾道ってモノがこの世にはあると教えてくれるよーな。某実況サイトじゃハセベッカムと呼ばれてたけど、ファンの色眼鏡目線で言えば(苦笑)、その呼び名正しいっ!みたいな。じっくり時間をかけた訳じゃないのにあの精度。そして後半のロングフィードとサイドチェンジも素晴らしかった。これも惚れ惚れする弾道。キーパーやった時のロングフィードを思い出しちゃったよ。もちろん1対1でも強かったし、パスの出しどころも良かった。とても9節にして初出場の選手のプレイではなかった。

1点目はポラークの縦パスが素晴らしかったけど、チーム全体の喜びようが本当に、本当に、良かったねぇ。もうかなりじーんとしちゃったよ。久々の点だし・・・・・とか思ってるとあっという間に追加点なんだけどさ。長谷部さんはファグネルと抱き合ってるシーンが多かったけど、右の連携で色々話したりしたんだろうな、その分嬉しさ分かち合ってるのかな、と。8節で2点しか獲ってないチームが1試合で4点獲っちゃったからねぇ。長谷部さんは2点目もアシストのジエゴにダイレクトでパス出してるし(でもこの2点目はジエゴのアシストがほんと素晴らしかった)、3点目はアシストで、4点目のPKの発端になったと言えるクロス上げてるし・・・・・2列目だと一気に点に絡む。つまりはきっちりココぞの試合で力と結果を出した事なんだよなー。文章を大幅に書き換えてるんで繰り返しになってますけど、2列目だからボランチやSBの時より点に絡むっていう仕事でも結果出してるよね。

本人のインタビューでなるほどと思ってたのが「普通の選手の2年分くらい走り込んでた」ってコメント。長谷部さんはこの試合チーム3位の走行距離。1位2位とは0.12㎞しか違わない11.78㎞。そういや特にバテた様子なかった。ブラジル戦の時にも書いたけど途中交代したけど疲れを見せてなかったよね。試合に出てないと「バテる」「疲労が心配」って絶対言われる。ここをカバーしてたんだねぇ。あと、スプリント数でチーム2位、ランでチーム1位。この2点で上位なのは昨シーズンで見たことがない気がする。これは絶対に走り込んだ結果でしょ。ちなみに、俺もこの2点はイマイチ分かってないんだけど、スプリント数が最高速度のダッシュ数、ランはボールに絡んだ走り(ただポジション取るのに走るのとは違う、集中的な走り)の本数を指すと思われます。どうもランの定義が未だ分からん。誰か教えてくだされ。
しかし簡単に走り込んだっていうけど、ただでさえマガトちゃんのトレーニングは走るのに。違う所で更に走ってたかと思うと・・・・・うおー、言いたくなかったが、泣けるっ!泣けるっす!!

この試合、特にジエゴなんて「もしや今まで手を抜いてたんじゃねーの?」って疑ってしまうキレ具合だったけど(爆)。まぁやっぱマガトちゃんの時は制限されてるプレイが多かったんだろうな、って思う。でもコストナー監督も言ってた通り、そして俺が前節までの試合を観て言った通り(言わしてくれ)、中盤の安定が前節までと違う!!中盤でボールを持てる事が当たり前のよーに攻撃にも繋がったし、守備も無理しなくて済んだ結果だと。やっぱ、どう考えても、ってか今回ばかりはファンじゃない方も思ってるハズだけど、長谷部さんが出場してもたらした結果だって言える部分、絶対あるハズ。もちろん先述のジエゴや久々のポラークとか、ケアーの守備も良かったのもあるけどさっ。いや、ポラークは1点目だけかな(→言わなくていい)。

なーんか、やっぱり言いたいこととどんどん離れていくなー。まあ、いいや。とにかく、長谷部さんの素晴らしさに腑抜けてるのです、未だ。
そうこうしてると31日深夜はドイツ杯ですな♪キッカーの予想スタメンはもちろん9節と同じ。そうだよね、マガトちゃんと違って勝ったメンツは替えないだろーから。長谷部さんのサッカーしてる姿が週末待たずして見れるかと思うと、嬉しい。本当に嬉しいっす。

そうそう、ハセベッカムの美しいクロスをスローで3回、後半の素晴らしい2回のフィードもカットせず、アシストシーンもスローで見せてくれるという素晴らしいロングダイジェスト映像を見つけたので良かったらどうぞ。ココです。ちなみに俺もはじめて見る得体の知れない動画サイトなので、自己責任で。俺は当たり前のようにブンデスやらをネットで観戦してますがPCには有料のセキュリティソフトはもちろん入れてます。ネット観戦では絶対マストっす。


テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。