ナバカリブログⅡ

ブログとは名ばかり。コメント不可で自分の好きなコトモノについて高慢チキチキバンバンに吠えてます。今は俄然長谷部誠♪超ニワカですが代表だけでなくブンデスも話題にしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第27節ニュルンベルク戦その2

確かニュルンベルク戦の前くらい、キッカー日本語版にヘッキング監督のロングインタビューが掲載されてて興味深く読んだんだけど、なぜか今もう見れなくて残念。後でちゃんとしっかり読んでブログ書こうかなとか思ってたんのに消えてるからイマイチな記憶で語ってしまいます。

印象としては、プロの監督によくある言い回し「長いスパンでチームが育つようにやってる」「結果を出すには時間が必要だ」みたいな話。まぁ今、結果が出てないんだからこう言うよね(鬼)。君が出た後のニュルンベルクはなんと負けなしだからね(→ここが悔しくてならん)。ひとつ気になったのがインタビュアーが「ジエゴの後ろでも起点を作るべきではないか?」みたいなことを尋ねて、ヘッキングは確か「そんな選手がいない」的なことを答えたんだよなー・・・・・いや、いるでしょ?それを長谷部さんにやらせてよ!!って思うんだけど。いない、ってされてんのムカつくーっ。ただ監督はそう言うけど、ヴォルフスブルクはやっぱジエゴ以外の起点はサイド、ビルドアップもサイドでやろうとしてるから、だからこそ長谷部さんがサイドで使われるのかしら。ジョスエやらポラークやらのボランチはボール奪取と、強さを求められてるのかしら?
そして長谷部さんのニュルンベルク後のインタビューも興味深かった。ジョスエがいなくなって「中盤もいないけど、SBはもっといない」ってね。ファグネルの存在は?!とか思っちゃった。それだけファグネルが監督の信頼を得てないって事なのかもしれん。SBとして守備が不安っていうのがねぇ、だから長谷部さんはまずSBで使われる、と言う事なんだろうか?

ああ、サッカーは難しい、分からないっすなぁー。


ニュルンベルク戦はスカパーの放送の後にNHK-BSでもやってましたね。もう観たくない試合だったのでちらっとしか観ていない。でもやっぱBSのブンデス中継はとんちんかんな事言ってるな、って印象。いや、違うがな!いや、それを言うならあれを言おうよ!とか。オリッチが最近点を獲ってることを盛んに言ってて、それは正しいんだけど、代表ウィーク直後のリーグ戦なだからさあ。リーグで点を獲ってる上に、クロアチア代表でも点獲りましたって情報の方が濃いと思うけど、もちろんそこには触れない。きっとご存知ない。そうなのよ、ご存知ない感が半端なく伝わって来るのよね。だってシェーファーをドイツ代表って言ってしまうんだもん。(→これは前にも語ったか)

長谷部さんのSBは問題なかったですね。っつーか、攻撃されるのも、攻撃するのも左が多かった印象。長谷部さんの対人勝率がやたら低かったのにぎょっとしたんだけど、ニュルンベルクの攻撃は右を避けてた感じだったからなー。もちろん、そうさせたのは長谷部さんの守備の良さ、ポジショニングの良さ、だからね。でもさ、基本はボランチの選手でバランスとるのが上手い選手なんだから。SBとして魅力的なプレイをするのって難しいと思うの。例えば瞬足を活かして効果的に上がる、とかの攻撃面は特に難しい。バランスの良さ、危機察知力の高さ、対人の強さ、クロスの上手さ活かすプレイが主になるのは当然じゃんね。あ、クロスの良さは戻ってたなー♪
ついでに、これは前にも語ったけどシェーファーが最近ずっとイマイチな気がするのよ。だから左がダメ過ぎる。シェーファー外してロドリゲスを左SBに入れたいんだけど、今システムの問題でロドリゲスをSHに入れるからSBにシェーファー入れることになるんだよなー。ロドリゲスは調子良いと思うんで。ペリシッチが戻ってくると違うかもしれんが。

と、ここまで書いたらスタメン発表になりましたね。やっぱりシェーファー外された。うん、正解だと思う。そして例のサポーターブログで「直前の練習でファグネルの調子が良い」と書かれてたが、やはりその通りでファグネル久々のスタメン。で、長谷部さんは右SHです!うー、久々のSHは嬉しい。ヘッキングじゃ初めてじゃないの?ファグネルの守備が安定してればこれで問題ナッシングよ!しかしあんだけワケの分からないプレイするケアーはそのまま使うのかー(前節はロングボールがほぼタッチラインを割ってました)。マドルンクかなって思ってたんだけどな。

さあ。レヴァークーゼンにはこの1年ずっと勝ってるし、久々勝ってくれーーーー!勝利の喜びを味わせてくれっ!!


テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。