ナバカリブログⅡ

ブログとは名ばかり。コメント不可で自分の好きなコトモノについて高慢チキチキバンバンに吠えてます。今は俄然長谷部誠♪超ニワカですが代表だけでなくブンデスも話題にしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンフェデレーションズ杯グループリーグイタリア戦

コンフェデ試合観て、応援して、負けて、悔しくて、ネットで色々言われてるの読んで、反論したり頷いたり、自分なりに考えたり・・・を散々繰り返してすっかり疲れてしまいました。たかだかファンがこんなに疲れてるんだから選手当人は845倍は疲れると思う。ほんとに、ほんとにお疲れ様でした。

俺もまぁ、時間が経ってるからこそこんな書き出しですが。正直に言ってしまえばイタリア戦は勝ち点がほしかった、1でも3でもいいから欲しかった。もっと正直に言うとこんな風に書き始めるのも結構迷った。どう言っていいか分からない、どう言っても収まりつかないのがのがイタリア戦だったな、と。でもイチバンの気持ちを言う、ってか、前から俺は同じ繰り返し言ってるんだけど、内容はどうでもいいから勝って欲しい!しょっぱい内容でもラッキーな得点でも、勝ったらそれが何より、それが最高に嬉しい!!いつもいつも、それがイチバンなんだ。



イタリア戦は善戦だったんですかね?良い内容だったんですかね?もちろん間違いなく面白い試合だったと思う、こんなにドキドキして、感情の起伏の激しい1時間45分を過ごしたのは初めてかもしれん、そして終了する時には奈落の底に突き落とされるっていう衝撃的結末のおまけ付き(苦笑)。会社から徒歩3分のネットカフェで見てましたけど、終わってから会社に行くまでの足取りの重さったらなかったね。朝5時に起きて出社に間に合うように来てたのに、もう休んでしまおうかと思った。午前中は何やってても頭に入ってこなかった。それにね、なんせ俺は、ネットカフェで観てるんだからあの展開でも叫べないんですよ?これがまたキツい(笑)。いや、白状すれば日本3点目のオカザッキーのゴールの時には声出てたけどさ。
で、話は戻る良い内容のサッカーだったのか?

勝てる試合を、少なくとも引き分けられる試合で負けた、そんな試合を善戦とか、良い内容って言っていいのか?ってね。クソミソに言われたブラジル戦だけど結論から言えば同じ「敗戦」で一括り出来る。しっかり数字を比べた訳じゃないけど、スタッツも全然違うらしい、でもね、結局同じ敗戦なんですよ・・・・あぁ、サッカーは深い。
終了直後のインタビューで「勝たなければ意味がない」ってカガーとオカザッキーが繰り返し言ってた。カガーは「勝たないと得るものは何もない」って言った。MOMのトロフィーでさえ不服そうに受け取るカガーが可愛い。選手本人がそんな風に言い切ると、サポとして庇いたくなるけど、やっぱ勝たなきゃ意味がない、俺も、やっぱり、そう思う。

イタリアは最初から疲れ果ててたし、日本対策なんて全然してないし、終盤は完全に引き分け狙いでたらたらしてた、なのに引き分けにすら出来ず負けてしまったのはやっぱ厳しい。ここ数年で一番調子が悪かったイタリア相手になら、勝つべきだったし、少なくとも手堅く勝ち点1をとるべきだった。
世界は日本のサッカーに驚いたんでしょうか?観客のニッポンコールは嬉しかったけど、鵜呑みにして良いのか?10-0だったスペインvsタヒチ観たけど、タヒチへのコールは凄まじかった、もしやこの感覚でのニッポンコール??そこまでは思いたくないけど(苦笑)。ちなみにスペインvsナイジェリア(3-0)も観たけどやっぱりナイジェリアに凄い歓声。しかもこの時点でイタリア戦を残してたブラジルだから、ブラジルの観客がイタリアじゃない方のチームを応援するのは当然の事。
そしてネットなんかでも出回ってるイタリア2失点目のベンチの写真。座ってる選手が吹き出してるのよね。何か笑えるアクシデントがたまたまあったのかと思ったら、違う。2点獲られた事に笑ってるんだ、日本に2点も獲られちゃってと笑ってるのよ、本当の話。試合後にイタリアの選手や監督は口々に日本を褒めてくれたけど、それはやっぱり勝者の余裕。強い者の礼儀。スペインだって試合後にタヒチ褒めてたもん。本当にせめぎ合ってたらまずバロッテリがキレただろうし(→ってかバロッテリも褒めてくれた)、試合後のコメントももっと肉薄したものかも知れない。W杯アジア予選B組の某カードの様に試合後もひと悶着あったり(爆)。それが本当の意味でも拮抗した試合、なのかもしれない。イタリアは結局、見下してた、日本への対策もしてなかった、おまけに中二日で疲労残りまくりな上に気候も厳しかった。それでもしっかり勝った、だから言う「日本、中々やるじゃん!」ってさ。

ウッチーのインタビューも素晴らしかったんだけど、ウッチーとか長友さんの言う「勝ちグセが足りない」ってどういう事なんだろう?ネットしててもバシっとした答えは出て来ない。にわかなりに考えるとおそらくきっと「勝つ試合運びが出来る」って事じゃないかなって思う。勝ちきるゲームをするっていうか、何か色々マズい部分もあったけど結局勝ったね、みたいな。イタリア戦はこのチャンスはいっぱいあったのに出来なかった日本、メキシコ戦後の本田△の「勝ち方が分からない」って表現にも似てる。

良い内容なんて言えないんじゃないの?(→いや、俺は前から書いてる様に良い内容ならオッケーって考え方自体がダメなんだけど)ってのには失点の多さ、仕方もあるけど得点にもある。やっぱりセットプレーだけ、なんだもんなー。2点目のカガーのは個人技も入ってるけど、流れはセットプレー。セットプレーだけの得点でポゼッションサッカー出来たって言えるのかしら?加えて失点の多さ、ポゼッションサッカーの何よりの利点はボールを持つ事により点を獲られない事じゃなかったっけ?

メキシコ戦が終わって三戦全敗という結果が出た今こんな事書いてると、世の風潮と一緒で日本にダメだししてるみたいだね。俺はイタリア戦終わってからこんな風に、一応、思っていたんだけど。イタリア戦あとのあの持ち上げの雰囲気の中、アップしておけば良かったかも(笑)。

ちょっと前から「ボランチ3人にすれば」「アンカーおいて」「堅守にいって早いカウンターで」って俺的には思ってて、オーストラリア戦の後なんて特に「そうしないとヤバい。」って思ってた。いや、今も思ってますけど。
でもこのイタリア戦前にあったらしい監督と長谷部さんの話、選手ミーティングの話をニュースでみて「なら仕方ない!」って思った(笑)。堅守にはいかない、2010年の様な守備的なサッカーはしないってやる方が決めてるなら、もう何も言えないじゃん。選ぶのはやる側、サッカーのやり方を決めるのはやっぱり監督と選手だもん。だったらやりたいサッカーをやれ!!と思う。それでついて行くさ、それがサポーター、ファンってもんでしょっ♪って思う。ついでに言うならそれで勝って頂ければ何も言うことはないんですけど(笑)。
そうそう、そのミーティングの結果、サイドチェンジ出来るよーになったってのは良いね。流れ変えられてた。

なんかうだうだとキツい事ばっかり言ってますけど、観てる時はオカザッキーが獲得したFKでネットカフェの狭い空間で小刻みにガッツポーズしたし、カガーの反転シュートには低い天井を見つめてジーンとしたし、オカザッキーの3点目にはもう叫んで拍手してしまってた。前半の2-0の時は「ここ1.2年で一番良いサッカーしてるじゃん!」って思ったし、ブラジル戦から意識を変えたって事でここまでやれるのかって観てて圧倒された。結局、敗戦って結果はかなり堪えて、一日はネットもほぼやらなかったし、再放送観てるとなんだかじんわり泣けてくるし。でも、それでもサッカーを好きになって良かったなー、とつくづく思った。こんなに感情が揺さぶられて、天に登る気持ちと、奈落の底に突き落とされる気分を味合わせてもらって(笑)。早起きして生で観て良かったって思った。結果知って録画で観るにはあまりに勿体無い試合だったし。

さて、長谷部さんですけど。もう、前に行こう前に行こうって気持ちがプレイに出てたし、実際に上手く上がってたし、何よりインターセプトやらタックルやらボール奪取やら凄まじかったですね。素晴らしかった!!と手放しに言いたい所ですけど1点目の失点に関わったのと(→これはCKに準備出来てない奴が多過ぎただろ、誰だよ給水にいってた奴!と言いたい)、ハンドと(→これも、これでハンドとる?!審判ヒドすぎない?!と言いたい)、オウンゴール・・・・これはね、言ってしまえば一重に吉田が悪いんだけど(→ヲイ)、ウッチーの言うとおり中にいたウッチー、長谷部さん、今ちゃんの3人もマズかった。吉田がいったからいいや、って足が止まってたもの。吉田がかわされたら?競った挙句ボールがこっちに飛んできたら?って考えて前に詰めてればこうはならなかったかも、守備が良いはずの3人がどうして揃って眺めてたんだろうって思う。やっぱ疲れてたんだろーなー。この失点は長谷部さん関係ないようで実は一番関係あるのかも。って事で、3失点に関わってるってなると、やっぱり褒められないのかしらね(涙)。
が、イタリア戦終わった段階でのFIFA公式コンフェデ杯サイトの選手評価じゃ本田△に次ぐ30位で素晴らしい内容だったんですよ。見る度にニヤニヤしたくなるよーな。色んな関係者が見てますよーにと願わずにおれないよーな(笑)。そこから試合重ねた今は日本勢ではオカザッキーとかカガーが大躍進してますけど。ってか驚きの上位にいるんで妙に不安になって来た。ほんとにこれって純粋に誰かが評価してるのよね?(笑)
まぁファン的に言うと二度目のミドルを外した後に悔しがってる表情とか、仕草がめっちゃ色気あったなーと(爆)。あのひっぱくした場面でそんな事考えてんじゃねー!と思われるかもしれませんが、あのタイミングで、生で観ててめちゃそう思いました♪そう思ったのは俺だけじゃないのか、さすがに色気と捉えてはいないんだろうけど、NHK-BSも中継番組最後のテーマ曲にのせたスローVTRでのシメにあの場面をやたら使ってましたね。NHKさん、さすがです。ちなみにNHKは曲に載せたハイライト映像の編集がやたら上手くて、日本以外の試合もめちゃ良かった。ちょっと笑えるよーなシーンを入れちゃうセンスとかが良い♪

なんかすっかりコンフェデ終わった感じですけど、肝心な準決勝はこれから。もうそろそろ負けるスペインが観たい。頑張れブラジル!ってもう、イタリアが負けると思い込んでる俺。まあサッカーはやってみないと分かりませんね。楽しみだぞ。

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。