ナバカリブログⅡ

ブログとは名ばかり。コメント不可で自分の好きなコトモノについて高慢チキチキバンバンに吠えてます。今は俄然長谷部誠♪超ニワカですが代表だけでなくブンデスも話題にしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールナイトニッポン10.03.20~その1

俺の琴線に触れた部分はいっぱいあるんだけど、とりあえず器の小さい、大きいの話。

俺が一番気になったのが若林が力説してたひとつの「売れない時の8年間、春日は俺を励ましたことただの一回もない!」って点。あのー、当たり前じゃん?同じコンビ、つまり同じ立場の人間がどうして励まさなきゃいかんのか?若林の言い方が「励ましてくれて当然なのに!」って感じなのが可笑しいのよ。売れないツラさ、大変さ、ネタが滑ったりオーディション落ちたり、そのダメージはふたりは一応同じじゃん。同じなのにどうして片方が片方を励まさにゃならんのか?励ますのは普通、違う立場にいる人間、もしくは上の立場にいる人間なんじゃないの?当事者じゃねーだろ?もちろんお互いに励まし合うのならまだ分かる、でも若林が言うのはそうじゃないのよね。だって若林さん、春日を励まそうとは微塵も思ってないでしょ?いや、必要もないと思うけど(苦笑)。若林の主張はあくまで「春日が自分を励ましてくれて当然」って考えで、それは何ゆえ??これっていつかのどっきりに似てる。ヤクザ風な相手にお金を渡して揉めそうなった時に春日が出てこなかったと文句つけた時。出て行く訳ないじゃん、タレントなんだから出て行って揉めると分かってて出て行くか!警察呼ぼうかなと準備してるのが正しい有り様じゃん。若林さん、君、春日にどうして欲しいの?守って励まして欲しいのか?(笑)・・・・たぶんそうなんだろう、きゃー(笑)!
その後に、励ましたことないのと器が大きい小さいは別の問題だろ?という春日、本当にごもっとも!励ましてたら大きくて、実は励ましてないんだから小さいって図式はナイですよ。「春日は(自分で器を)大きく見せようとしてないよ。」って言うのもその通り!!春日の意図してない所での話しなんだから春日としては自分が責められてもどうしようもない。

でも、もちろん若林の言いたいことも分かる。若林は自分は自分の負の部分というか、恥な部分や弱い部分、小さい部分を露呈してる。それはそうやって芸人として笑いを取ろうとしてる故な部分もあるんだから。笑いを取ろうと言えば言うほど結局「器小さい」って思われて損じゃねーか。春日は芸人のくせに自分のそんな部分も何も話さないのはズルい。言ったモン負け、言わないモン勝ちなのは納得いかない。春日のそのスタンスはズルい、芸人なら自分の全部をさらけ出せ!って事を言いたいんだろう(→でもそれなら春日さんはある意味自らの全てを出してる気もするが/笑)。言ったモン負けになるくらいなら言ったモン勝ちになってやる、「多額の寄付をするのを卒業します」なんて言ってやる!と、言うことなのね。
かく言う俺も物事に対して黙ってられない性格な所があって、それで言った自分が損だったなって思う事も多いから若林のいう所も結構分かる。黙って大人しくして本音を隠してる奴ってズルい、って思った経験もそれなりにあるから若林の言うことも分かるんだけど・・・・こーゆー場合、言えば言うほど損なのよ、若林さん。ちなみにここで感じる〝ズルさ〟って俺からすると「人見知りなんです」とアピールしてる人間に感じるズルさにも似てるんですけど(笑)。


まぁ、話はずれたが。結論は、メールにあった春日は鈍いだけ、春日が大きいとされるのはゼロの器に周りがプラスをつけてるだけって解釈が一番近いんではないか?それに別にだれも若林の事を器小さいとは思ってないだろう、面倒くさいって思うだけで(笑)。リスナーのメールはどれも的を得ててそれがめちゃくちゃ可笑しい。そのメールはもちろんチーム付け焼刃が選んでるって事を加味すると更に可笑しい。
俺はこのラジオの後に実際のテレビぴあを読んだんだけど、あのさ、「卒業したい事~若林編」なんだから、若林が色々喋って春日が短めに返すって繰り返しになるのは当たり前なんじゃない?別に器を語る程の内容でもなかった気がするんだが(笑)。

たださ、ラジオの終盤・・・・いや、最後だけじゃなくって途中あたりから、もしかすると最初から、若林は確信犯だったんじゃないか?とも思うんだ。若林は訳の分からない例えも含めて、狙ってる部分も多い気がするのよねぇ。上手く言えないんだけど、なんつーの?うーん、やっぱり確信犯って表現が一番しっくり来る。今回の若林の面倒くさい発言は全て芸人としての狙った部分な気がするのよ。それが若林のと言うか、技量の大した部分で。人見知りしても、面倒な性格でも、ただでは起きないって言うか。そこを芸にしてる気がするんだよね~。こんな所が若林がただの人見知りでなく、ただのネガティブ野郎でなく、ただの面倒な捻くれ者とは違う、ズレ漫才を考え出した才能な気がするのよ。そこをたまに自分で腹黒と呼んだりするんだろうね。
そして最後の最後に春日が「困惑してます!」「器デカいなんて言われちゃって。」「もう春日が器デカいっていうの止めてください!」と言うのが・・・・・春日、器デカいぜ!!!と言いたくなる(笑)。いや、これは完全に確信犯なんだけど(笑)。

そもそもさ。春日が器デカいってのは若林の発言によるところが大きいじゃん。若林が語って来た売れない時代のエピソード、これが大本なんだから。俺は若林の口から「春日の存在があったからこそ乗り越えられた」「精神的に支えてもらった」とはっきり聞いた事・・・・は、ないかもだけど(笑)。でも読んだ気はするぞ。ってか、似たような事口走ってるってーーー、何度も!!だいたいさ、売れない時代はふたりの時代で、ふたりしか知らないっすよ?そこから漏れ聞こえて来た話は全て若林さんのお口からなのよ(もしくはかつてのブログから)。だって春日は何も言ってないんだからさ。

それよりも・・・・と他の琴線に触れた部分はまた今度。

テーマ:オードリー - ジャンル:お笑い

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。