ナバカリブログⅡ

ブログとは名ばかり。コメント不可で自分の好きなコトモノについて高慢チキチキバンバンに吠えてます。今は俄然長谷部誠♪超ニワカですが代表だけでなくブンデスも話題にしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールナイトニッポン10.03.20~その2

前回の続き。俺は器どうこうの話より美談エピソードを封印にするって発言自体にジーンとするなぁ。前にも散々語ったけど、若林は次のオードリーのページをめくりたいのね。「プロローグ:テレビに出れない下積み時代」「第一章:M-1でのブレイク」そして第二章、人気芸人としてのオードリーへ突入だ。その覚悟を決めるのがなんかジーンとするし、カッコいいと思う。そこをファンとして眺めてられるのがありがたーい。
俺も、当時を知りもしないのに若林のエピソードには相当泣かせてもらった。ゴッドタンでもあった「おそらく春日さんは、昨日と同じような今日が何年も続いて、その流れを変えるような挑戦をしたかったんですよ。」・・・・このどろだんご日記の文章、合ってるか確認してない。でも合ってると思う。もうね、そらんじてますよ。俺はどろだんご日記を読めてないファンだけど、そらんじてます。ただ、別に美談じゃないじゃん?俺は基本美談嫌いで、苦労時代の話とか切々と語るタイプの人嫌いなのよ。若林の話はそれとは全く違う種類だと思う。別に飾ってないし、事実だし、何より笑える話に持ってきてるし。どろだんご日記にある言葉は完全に当時そのままのものなんだから美談とは違うよね。リアルに生で、だから痛々しいけどパワーがある。実際インタビューにもあったけど、過去を忘れる必要はない訳だからさ。いつかのぴあにあった様にもがいてる時代があるから今がある、きっとふたりには必要な時代だったんだからさ。でも、とにかく、そこから次に踏み出そうとしてるオードリーが、いや、そんな意識を持ってるのは若林だけなんだろうけど(苦笑)、そこをファンとして眺めてられるのは嬉しい。



全般聞いてて思ったんだけど、っつーか、いつも思うけど、このふたりってちょっと違うタイプなんだけど笑いのツボはほんっとに同じなんだよね。まー、そうじゃなきゃコンビ組んでられないだろうけど。どんなに意見の違いで言いあってても笑うタイミングやツボは完璧に一緒なんだもん。春日の〝ご子息〟めちゃめちゃ笑った!「自分の意志に従ってくれないこともあって、どっか他人」って上手いこという(笑)!!〝自分磨き〟いい言葉選びのセンス、実はあるじゃーん。若林も隠そうとしてるけど完全にツボに入ってる♪卒業バージョンのジングル。薔薇バージョン(BLというより薔薇と表現したい/笑)を無視出来ない春日も可笑しかった。そうそう、コバに羨ましいって言われるなんて変態にとっては最高の褒め言葉じゃねーか♪

番組冒頭に自らテレ隠しの様に「仲良いコンビ」「人気者だから」「ベビーフェイス」と褒めあうふたり。もちろんわざとなんだけど、本音を言えばテレ隠しというか人気者であり過ぎる戸惑いなんだろうな。最近だって失速の気配ゼロ。NFLのPR大使が終わったかと思えばキミフジ大使、ブラックザテレビジョンにも驚いたがゴールデンウィークには一万人の春日体操ときた。ほんとにどこまで続くんだか。ファンとしは嬉しい限りだけど♪オードリーって売れない時代が長いくせにスれてなくってヨゴれてない、よく見るとビジュアルだって可愛くってカッコいい、意外にふたりとも運動神経が良い、ついでにけっこう育ちも良い、だから使いやすくて人気者の要素溢れてる。キモキャラがひとりいるくせ好感度高いんだよね。でもさ、がっつりとファンが付いたのはそんな部分だけじゃなくて、妙に捻くれてる部分もひとつの要素だと思う。キャンナイ最終回で泣くためにハンカチ買ってくる土屋を笑っちゃう毒っ気が何とも良い。決して良い子ちゃんではない部分。女子大生のハイソな感じがハナについてる所も良い。この部分って若林だけじゃない、ちゃんと春日も同意してるもん。ふたりにある毒なんだよね♪

なんだかつらつらとまとまりなく語ってますが最近俺が切に願うことはひとつ。仲良いって言われるのが面倒くさいかも知れないけど、そこはあまり意識せずそのままでいて欲しいんだ。外野は気にせず仲の良いままでいてね!・・・・ってこんな外野が一番ダメなのね(笑)。


テーマ:オードリー - ジャンル:お笑い

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。