ナバカリブログⅡ

ブログとは名ばかり。コメント不可で自分の好きなコトモノについて高慢チキチキバンバンに吠えてます。今は俄然長谷部誠♪超ニワカですが代表だけでなくブンデスも話題にしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IPPON GRAND PRIX~09-10春の陣

予想に反してIPPON GRAND PRIX春の陣がこっちで昨日深夜オンエアありました。いやぁー、見ごたえ充分だったっ!!!見終わったわった後に決勝戦とオープニングすぐに見返しちゃったよ。面白くってかっちょ良いっっ、これって最高じゃんっ!結果知ってた俺なのに緊張感すら味わいながら見れた。途中で実は若林優勝するんじゃねーか、なんて思っちまったわい(笑)。



意外に面白いなって思ったのはホリケン。やっぱりちゃんと面白い人なんだね(苦笑)。笑いの地が備わってる人なんだ。山の写真を見てのお題で「おら、こんな村いやだー」「野村監督のパーティなんて行かなきゃよかったよ」とかさ♪このお題、わりに全員『山』もしくは『山に来た』っていう距離感を絡めた回答が多かったんで後者のタイプを求めてたのよね、俺的に。だからハマった。あと全般的にはナベアツかなー。何だかんだでやっぱり面白い。設楽はね、んー、面白いんだけど個人的に好みではないかも(苦笑)。
そして若林!!さっきの写真を見ての「あ゛ー!ジャスコ無くなってる!」と別の手の平がいっぱいな写真での「俺がやるよ!俺がやるよ!じゃあ俺がやるよ!! どーぞ、どーぞ、どーぞ」、そして俺的に一番見事だったのが親父の思い出のビデオテープ→イロモネアの審査員。これは笑ったわー!まさに鮮やかに決まった感じ。親父の思い出のビデオってお題はかなり難しいと思う、俺がふと考えたのも設楽が言った「初めてのフォアグラ」的だったんだけど、何か違う方向からやって来た!って感覚。松っちゃんも「若林は色んな角度から答えてた」って言ってたし。決勝戦でナベアツが若林の答え見て言ってた「小兵力士みたいな大喜利しますね。キュッってキレイに。」ってのは最高の褒め言葉じゃーーーん。やりそうな顔してないのにやる、柔よく剛を制す的な。

こんな風な若林の活躍を見るのは本当に気持ち良い。めちゃイケの寝起きどっきりの春日もそうなんだけど、去年の夏のドリームマッチの時にも語った様にふたりの笑いの実力を感じるのってすっごく気分が良い。まさに「オードリー、人気、実力ともに若手ナンバー1!」って誇らしくなる。こんな言い方、オードリーふたりの言う所の手垢にまみれた表現なんだけどね。でも、実際そーなんだからっ。いわゆるタレント的にクイズやらの番組出倒してるし、アイドル的な人気もある、そういう俺だってそこに乗っかってる部分もあるんだけど、それだけじゃないっ!!やっぱり笑いの実力もあるんだってさ。
この間のレコメン聴いてても思ったけど、若林は結局お笑いに対してすごく真摯な奴なんだな。その真摯さはきっと売れてない頃から全く変わってない。人の舞台をきっちり見たり落語聴きに行ったり、とか。冗談抜きに春日の写真を見ながらネタ作るとか。だからこそ今の実力がある。今でこうなんだから売れっ子芸人としてある程度の時間が経った時がもっと楽しみだねー♪

この番組は松本をチェアマンに置いてる点が全ての基準になってると思うんだけど、その松本のつぶやきと審査員側の芸人が言ってる事が結構カブってて、そこにお笑いのベースを感じる。笑いには共通の確固たるラインみたいなものがやっぱりあるんだな、とつくづく思う。笑わせるにはそこに触れる事が必要なんだろうな、と。〝お笑い〟がこれだけ多様化していて、色んな種類の笑い、ボケ、ツッコミがあるし、見る側もそれぞれにくうける人と全くうけない人がいるのが最近の当たり前さなんだけど、この番組を見てるとそうじゃなくって万人に共通な何かが絶対にあるんだなって思い知らされる。そこを思わせてくれる笑いが本当に面白い笑いな気がするのよね。
こんな風な分かった口を叩く俺が考えた回答をひとつ。内田裕也さんに「それロックだよね!」と言われました。何をした?→7回目の結婚。・・・・・どうっすか?

にしてもこの番組ってフジの気合が伝わって来るっちゅーか、とにかくカッチョいいですな~!番組のロゴからセットから全てがお笑いらしく派手なんだけど適度にスタイリッシュ。M-1は派手だけどスタイリッシュじゃないもん(笑)。センスの良いデザイナーの存在を感じるねー、それなりに金もかけてるだろう。オープニングの映像なんてとびきりカッチョいい!YAZAWAがハマるぜ!若林の絵が伏し目がちなのがまた良いじゃん♪エンドロールじゃ名前出てこなかったけど、「IPPON GRAND PRIX09-10春の陣」「決勝戦」とかのナレーションはもしかして遠憲だったりするんじゃ?・・・・今、ネットで調べたらビンゴでした~♪

もうちょっと若林の感想を続ける。
答えてIPPON取った後にフリップをしまう若林の表情。本当は嬉しいくせにそれを必死で隠してる顔っつーか、IPPON取ってるからアップ撮られてるの分かっててだからどういう顔して良いか分からない顔。戸惑いが妙に伝わって来る。他の芸人は素直に喜んでるんだし、笑顔やら誇らしい顔して良いのにさ。決勝戦でアミーゴに振られた時は笑顔で喜んでる。人に振ってもらうと素直になるでやんの。そこら辺がワカバヤシストには溜まらんだろう。
そして、今まで語ったことを台無しにする様だがこの若林さん、単純に本当に可愛かった(笑)!!他の芸人に可愛い目をしてる、等と散々言われてましたが、いや、目じゃなくって佇まいが他の芸人に比べて圧倒的に可愛いですよ(笑)。ひとり映ると他とは全然違うんだもん。他の芸人小汚ねーなー!みたいな。あほ毛をむりくりセットしてる感じの髪とか、いつにも増して七五三度の高い衣装とか、妙に小さく見える肩幅とか、何もかもが特に今日はハマって可愛かった。いや、こんなに笑いの勝負で良い戦いをした若林に対して言うことではないのは分かってるんだけどさ。本人が言われる事を嫌ってるのもイヤって程知ってるんだけどさ(笑)。俺はこのブログで若林をよく可愛いって言ってると思うけど、いつもはそこには何かしらの気遣いがあるっちゅーか。そんな意味のない気遣いを誰に対してしてるかっつーと、やっぱり若林さん本人に対してなんだけど(→アホか)。俺はカスガーで、春日さんへの思いと若林さんへの思い、特に可愛いとかカッコいいとかって感情は段違いに春日さんへのそれがデカい。もちろん若林をほんとに可愛いと思ってるから可愛いと語るんだけど、春日さんへのそれとは温度が違うのよね。でも今回は殆ど同じ温度で思った気がする、若林、可愛いなー!(笑)ごめんね、こんなファンで(笑)。

テーマ:オードリー - ジャンル:お笑い

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。